2007年10月07日

川越出身・ゆかりのある芸能・有名人

・市村正親(いちむら まさちか)

実力派の舞台俳優として知られる、俳優の市村正親さんは川越出身です。

1949年埼玉県川越市生まれ。

川越市立川越第二小学校(現:川越市立川越小学校)、
川越市立初雁中学校、
川越市立川越商業高等学校(現:川越市立川越高等学校)卒業。

ご実家は川越で居酒屋を営まれていたそうです。

市村さんは子供の頃、お母様が経営されていた居酒屋の近くにある
川越スカラ座によく出入りをしていたとのこと。

市村さんは川越スカラ座で映画を見るのは勿論、子供時代は、
遅くまで働くご両親を待っていた為に仮眠場所としても利用していた、と
川越スカラ座が運営する特定非営利活動法人のインタビューにて
語っていらっしゃいました。


市村さんは2012年11月に放送された『火曜サプライズ』では、
市村さんがご自身で歩いて地元川越を紹介されていました。
番組内では、

甘味処の冨士屋商店、

2012年2月に87歳で亡くなられた市村さんのお母様が懇意にしていた
やきそばのみどりや、

市村さんの高校時代の同級生の方が営まれている肉の吉田、

市村さんの亡くなられたお父様と懇意にしていたレストランのすき亭吉寅、

現在は更地になっているかつて市村さんのお母様がご自身で営まれていた
居酒屋「いっちゃん」の跡地、

その居酒屋「いっちゃん」の目の前にあるレストランのモダン亭太陽軒、

市村さんが子供の頃によく出入りをしていた映画館の川越スカラ座、

などを訪れていました。

『2012年11月27日 火曜サプライズ』


また、市村さんが2014年に出演されたテレビ番組では、
ご自身の出身地である川越で市村さんのお母様が営まれていた
居酒屋「いっちゃん」でのお客さんとお母様とのかつての触れ合いの様子に
ついて話されたり、

「幼稚園や小学校低学年の頃に、「川越まつり」で山車の上で踊って母から
10円お小遣いを貰ったりとかね。
だからその(舞台の上に)上がって、踊って、なんぼ貰える、とかね、
そこがまた(舞台と同じ)板の上だったから、(それがきっかけになって)
舞台役者になったのかな、って。
まあ、今(話を)くっつけたんだけどね。(笑)」

等、話されていました。

『2014年6月29日 ワンダフルライフ 市村正親
(市村さんが川越やお母様の事について話されている部分のみ。)』
(市村さんが川越やお母様の事について話されている箇所は1:43頃から。)



市村さんは2014年に『徹子の部屋』に出演された時には黒柳徹子さんへの
お土産として、川越にある明治19年創業の老舗芋菓子店 芋十の
芋十せんべい、芋十まつば、芋十唐などを手渡し、
番組内で黒柳さんと一緒に食べていらっしゃいました。
黒柳さんは芋十のお菓子を見て「これ美味しいわよ絶対。」、
芋十のお菓子を食べて
「うーん美味しい!ねえ、川越はお芋が美味しいって聞いてましたけど、
やっぱりお芋が美味しいのね。」
と感想を述べられていました。

rakuten.co.jp


<略歴>
舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を経て、
1973年に劇団四季の「イエス・キリスト=スーパースター」でデビュー。 
以後、ミュージカル、ストリートプレイ、一人芝居など様々な舞台に出演。
2005年12月8日、24歳年下のタレント篠原涼子と結婚。




・宮脇俊三

「鉄道紀行」という新しい文学のジャンルを開拓した事で著名な、
作家の故・宮脇俊三さんは川越出身です。

1926年埼玉県川越市生まれ。

宮脇さんと川越についてはこちらのブログで非常に詳しく解説されています。

(参照URL)
http://blogs.yahoo.co.jp/maki57562000/29722941.html




・樋口久子

日本の女子プロゴルフ界の第一人者として有名な元女子プロゴルファー、
樋口久子さんは川越出身です。

1945年埼玉県川越市生まれ。

2003年に日本人ゴルファー初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした樋口さん。

樋口さんがゴルフを始めたきっかけは、樋口さんが都内の高校に進学し、
世田谷区砧のゴルフ場に勤めていた東京在住の姉の元から
高校へ通学していた当時、
休日に姉が勤める砧のゴルフ場で遊びでゴルフをするようになったのが
きっかけとのこと。

日本女子体育大学附属二階堂高等学校卒。

樋口さんのプロゴルファー人生は、高校卒業間近になった頃に姉から
「まだ若いんだからゴルフをやってみたら。」と言われ、
プロゴルファーを目指して練習をしていたところ、
砧のゴルフ場にヘッドプロとして在籍していた中村寅吉プロに出会い、
中村プロから
「おい、お前プロゴルファーになったら
俺の所(中村プロが社長を務めていた川越カントリークラブ)へ来い。」
と声をかけて貰った事から始まったそうです。

そして川越の実家から川越カントリークラブへ通い、
川越カントリークラブ練習場スタッフとして勤務する傍ら、
師匠である中村寅吉プロの元でプロ選手としての下積みを積んでゆき、
1967年に第1期女子プロテストに合格。
ここから、後に通算優勝回数72回(日本歴代女子最多)の偉業、
そして日本人として初の世界ゴルフ殿堂入りを果たす
樋口さんのキャリアがスタートしました。




・澁澤龍彦

「唐草物語」「高丘親王航海記」等で著名な、
小説家の故・澁澤龍彦さんは幼少期に川越に住まわれていました。

渋澤さんのお生まれは東京の高輪ですが、
産まれて間もなく母節子さんの出身地で、また、父武さん
(武州銀行川越支店副店長:当時)の勤務地でもあった川越に転居され、
4歳で東京滝野川に移るまでの間を川越で過ごされたそうです。




・朝川ひろこ

「魔法使いサリー(新)」の主題歌や「美少女戦士セーラームーンS」などの
主題歌を歌われていた歌手の朝川ひろこさんは川越出身です。

1965年生まれ。

朝川さんは他にも

「キン肉マン キン肉星王位争奪戦編」挿入歌
「激走戦隊カーレンジャー」挿入歌
「電磁戦隊メガレンジャー」エンディングテーマ
「星獣戦隊ギンガマン」挿入歌
「未来戦隊タイムレンジャー」挿入歌
「星のカービィ」テーマソング

等、多数のアニメソングを歌われています。

(情報提供 maki57562000さん ありがとうございました)




・田中卓志:(アンガールズ)

お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志さんは2000年に広島から
東京に出て来て、初めて暮らしたのが川越だったそうです。
田中さんご本人が以前NHKのラジオ番組の中で話されていました。

田中さんは2014年にテレビ番組の『有吉くんの正直さんぽ』で
久しぶりに川越を訪れていました。
田中さんは番組の中で、

「東京に来て初めて暮らしたのが川越だったんです。」

「上京じゃなくて「上埼」ですね。」

「川越に居た当時はお金が無くて、ほとんど川越で外食をする事が
出来なかったんです。」

と話されていました。

『2014年5月3日 有吉くんの正直さんぽ 川越 (田中さんの出演部分のみ)』
(田中さんの出演部分は5:55頃から。)





・渡辺健二:(スネオヘアー)

ミュージシャンの「スネオヘアー」として、
そして女優のともさかりえさんの夫でもある歌手の渡辺健二さんは
大学進学時に新潟から上京し、川越に住まわれていました。

新潟県長岡市出身。
聖学院大学人文学科卒業。

大学時代を川越で過ごしたスネオヘアーさんの曲には、
「Over the River」
(そのまま“川越”の意)
など、川越での暮らしや川越の風景を歌った曲が複数あります。

「Over the River」





・津久井教生(つくい きょうせい)

NHK教育テレビの子供向け番組
『あつまれ!わんパーク』『ニャンちゅうといっしょ』、
現在は『ニャンちゅうワールド放送局』にてメインキャラクターの
“ニャンちゅう”の声を担当されている声優の津久井教生さんは
川越に住まわれています。

ご出身は東京都。

津久井さんは現在、ご自身のツイッターやブログに川越での日常を
定期的に書き記され、川越関連の風景の画像も頻繁にupされています。


posted by pokochi444 at 05:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする